武蔵村山市に対応しているポスティング業者紹介の武蔵村山市ポスティング.com|ポスティングを成功させるノウハウ集

「武蔵村山市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

ポスティングについて

ポスティングを成功させるノウハウ集「ポスティング業者の選択編」

ポスティングのノウハウ ポスティング業者の選択編
  • 3-01
  • ポスティング業者は、必ず会って細かく話しを聴こう

ポスティング業者は、その参入のしやすさもあり多種多様な会社があります。その実態はメールや電話でのやり取りだけではなかなか分かるものではありません。
時間の許す限りポスティグ業者の会社を訪問して直接話を聞いてみてください。

・自社のポスティングスタッフがいるか?
・ポスティングスタッフの人数は?
・平均年齢や一人当たりの一日の平均ポスティング枚数
・スタッフの管理体制は?
・住宅地図を見て配布するのか?
・クレームの際にはどのような対応をするのか?

など、会社の中の様子や様々な質問をする中で、その配布業者の品質や姿勢などが見えてくるでしょう。曖昧な答えや即座に答えられない業者には注意が必要です。

  • 3-02
  • ポスティング業者は様々!最低5社から見積もりをとろう

ポスティング業者間では取り決められた定価がありません。
そのため、最低でも5社程度からは見積もりをとってください。

また、ポスティング業者には管理方法など様々な違いがあるので、単価だけで判断するのではなく、きちん話を聞いてみましょう。

見積もり単価には、まずはサービスの品質向上を目的とした管理やツールなどの必要経費が計上されていて当然のことです。それ以外に、

①配布エリア(地形・住宅事情など)の容易さや困難さ
②得意・不得意とするエリア
③他のポスティング業者や個人に外注しているかどうか

など、それぞれの業者から価格差の理にかなう理由を聞きいてから、総合的に判断されてはいかがでしょうか。

  • 3-03
  • 配布エリアや配布方法などをポスティング業者に提案させよう

ポスティング業者は様々です。
業種・業態別に最適な配布エリアや配布方法などを提案できるところと、そうではないところがあります。

配布エリアは町丁目単位の他、もう少し広いブロック単位で選ぶことができます。
また、ポスティング方法は、対象物件を選ばない「軒並み配布」の他、「集合住宅配布」や
「一戸建て配布」といった方法を選ぶことができます。

さらにはGIS(地理情報システム)といい、国勢調査のデータを活用して商圏内の年齢や収入などから、ターゲットがより多く居住するエリアを割り出してくれる業者もあります。

目的やターゲット、配布期限などの希望条件を伝えて、ポスティング業者から様々な提案をさせてみるのも、信頼できるポスティング業者を見極める手段の一つです。

  • 3-04
  • 配布のやり方について根堀り葉堀り聴こう

ポスティング業者により、配布手法のスタイルも様々です。
例えば「移動型」と言われる配布手法は、配布員がバイクや自転車などで移動しながら、広範囲にわたってポスティングを行います。

この手法は、一度にまとまった物量のポスティングを行うことが可能なため、配布期間が短い場合の依頼に適しています。

次に「地域固定型」と言われる配布手法は、配布エリアを限定し、配布員もエリアごとに担当が決まっていたり、専任化されていることが多いスタイルです。

特に郊外など地域住民のつながりが強いところにおいては、配布エリアの詳細や地域特性などを熟知した地域固定型のポスティグがあっているといえます。

  • 3-05
  • 配布後にどんな報告書が提出されるのか確認しておく

配布を依頼した後、「いつ」、「どこに」、「どれだけ」配布できたのかということは気になる点です。
ポスティング業者の中には、ポスティング終了後に提出されるべき配布報告書(配布完了報告書)を提出しない業者もありますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

配布報告を予定の期日までに提出できる業者、逆に提出が遅れる業者や催促しないと提出しない業者もあります。
催促しないと提出しない業者や、提出すら出来ない業者は現場の管理が不十分である可能性があります。

そのため、報告書に対する対応がきちんと出来ることもポスティング業者を選ぶポイントのひとつです。

  • 3-06
  • 配布単価だけで業者を選んではいけない

ポスティングの単価は同じ配布エリアでも、ポスティング業者や配布手法によって様々な設定がされています。各業者はその配布員に支払う給与と業務にかかわる間接費・運営費を含めてその単価を決定しています。

本来、各地域によって最低保証しなければならない時給等は行政により指導されており、加えて、適正かつ正確な業務を遂行したりサービス提供をするにはそれなりの経費も当然必要となります。
ポスティングの単価が安いからという理由で安易に業者を選択すると、配布先の住民からのクレームが多発したり、十分な反響が得られないという事態になりかねません。

ポスティングの依頼業者を選ぶする際には単価だけではなく、その業者が信頼するに値するか等を考慮してから選択してください。

  • 3-07
  • 「GPSを持っている」とだけ言う会社に気をつけよう

ポスティング業者の間では、都市部を中心にGPSの導入が広がり、ポスティングの際の必須アイテムとして問われることも少なくありません。このような中、GPS所有のポスティング業者は増えていますが、しっかりと活用できている業者はその中でも少数でしょう。

GPSを活用していると言う業者に対し、配布スタッフ"全員"が所有しているのか?全ての配布案件で使用しているのか?配布後のGPS軌跡を誰がいつ、どのように確認を行っているのか?などを質問してみてください。

GPSの軌跡確認は、「依頼主とポスティング業者」や「ポスティング業者と配布スタッフ」双方の信頼のために必要であり、それを所有するだけではなく活用するための体制をきちんと整えている必要があります。

  • 3-08
  • 「配布計画・配布員の手配・実際の配布業務・事務処理」…ポスティングは業務フローが大切

きちんと安全にポスティングするために、ポスティング業者は配布業務以外にも様々細かな作業が求められます。そのため業者は、きちんとした業務フローが必要になります。

複数のお客様それぞれの要望にできる限り答えられるよう、さらには、確実に、そして予定通りに、円滑・安全に、配布業務が進められて完了できるよう計画を立てなくてはなりません。
また、大勢の所属配布スタッフの特性を把握し、配布スケジュール調整を行う必要もあります。
加えて、ポスティングが実施される前には、以下の準備は欠かせません。

・配布エリアの地図・配布禁止物件リストの準備
・配布物の仕分け
・配布時の指示や注意事項を記載した書面の準備

ポスティング完了後には配布エリアごとの報告をとりまとめて、配布完了報告を作成します。

このような、業務のフローをきちんと細かに行うことが必要ですが、残念ながら、これらの準備や作業を乱雑にして怠るポスティング業者が多く見受けられることも事実です。


  • 3-09
  • 熟練スタッフの在籍を売りにする業者には気をつけよう

ポスティング業者も配布スタッフも一定以上のキャリアや経験が必要です。
しかし、業者やスタッフにキャリアや経験があっても、その業者の業務に対する姿勢やスタッフに対する教育体制によってポスティング精度は大きく変わります。

そのため、「キャリアのある配布スタッフが在籍するので安心できる」とPRしているだけの業者を安易にポスティング依頼先として選択してはいけません。

配布スタッフに対する徹底した業務マニュアル・フローのもと管理体制・指導体制が確立されていることを確認した上で、キャリア・経験のある配布スタッフを多数かかえる業者を選ぶべきです。

業者の業務に対する姿勢のPRより、キャリア・経験のある配布スタッフの在籍を強調するだけのポスティング業者にはご注意ください。

  • 3-10
  • ポスティング業者の事務所や倉庫へ実際に訪問してみよう

ポスティング業者の事務所やそのチラシ保管倉庫を訪問し、実際に自分の目で確認した状況をもとに依頼先業者を選ぶ判断材料としましょう。

ホームページの見栄えや電話やメールのやり取りだけで判断せずに時間の許す限りポスティング業者を訪問し、社内や従業員の様子、さらには倉庫内や作業場を見ることも依頼先業者を選ぶ際には大切なことです。

例えば、社内の清掃状況や従業員の挨拶や対応、倉庫ではチラシの整理整頓、お客様から預かっている配布物の取り扱い方や管理状況など、ホームページや電話・メールの対応だけでは気がつかない業者の姿を見ることができます。

  • 3-11
  • ポスティングの代理店にもかかわらず、自社で配布していると言う会社に気をつけよう

ポスティング業者には、自社で配布組織を持つ(配布スタッフが自社の従業員としてチラシ配布をしている)業者と持たない(配布スタッフが自社の従業員としてチラシ配布をしていない)業者があります。

配布組織を持たない業者の中には、実際に自社で配布を行っておらず、ポスティング代理事業が主なサービスです。それにもかかわらず、「会社組織を大きく見せるため」や「自社配布をアピールした方が代理業をアピールするより顧客の獲得率が良い」など理由は様々ですが、中には自社の配布スタッフによってポスティングしていると偽る代理業者やホームページ上で自社配布をPRしている業者が存在します。

ポスティングの広告代理業が悪いわけではありません。良心的にしっかりとポスティング代理業を行っている会社は多数あります。しかし、残念ながら代理事業の実態を隠す業者もいるのも事実です。これは、会社の姿勢として間違っており、そのような業者には注意してください。この「ポスティング業者の選択編」で学んだノウハウをもとに、そのような業者か良心的な業者かを見極めるようにしましょう。

チラシ制作編へ  | チラシ印刷編へ  | ポスティング依頼編へ  | ポスティング後と再利用編へ