武蔵村山市に対応しているポスティング業者紹介の武蔵村山市ポスティング.com|武蔵村山市の紋章・鳥・花・樹木

「武蔵村山市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

武蔵村山市あれこれ

武蔵村山市の紋章・鳥・花・樹木

武蔵村山市の紋章・鳥・花・樹木の写真

 武蔵村山市の紋章

昭和45年11月3日に制定されました。
武蔵と村山の頭文字である「ム」を鳩の姿に図案化したもので、中央の円は市民の融和を表し、飛翔する全体の姿は産業と文化の飛躍を象徴し、限りない市の発展を表しています。

 武蔵村山市の鳥(メジロ)

平成12年11月3日に制定されました。
メジロ(メジロ科)は、公園や庭先にもよく見られ、春はウメ、サクラ、ツバキ等の花の蜜を吸い、秋には柿の実をついばみ、チュ・チュルピ・チュルと早口で繰り返しさえずります。現在、狭山丘陵はもとより市内各地で多く見られる鳥です。

 武蔵村山市の花(茶の花)

昭和50年11月3日に制定されました。
茶はツバキ科の常緑灌木で、10月ごろに香り豊かな白い花を咲かせます。市特産物の狭山茶にちなみ、市の花として選ばれました。

 武蔵村山市の樹木(榎)

榎はニレ科の落葉高木で、江戸時代には街道の一里塚として植えられ、三本榎は市史跡にも指定されています。市制5周年を記念し、茶の花とともに昭和50年11月3日に制定されました。

(武蔵村山市資料提供)