武蔵村山市に対応しているポスティング業者紹介の武蔵村山市ポスティング.com|武蔵村山市の歴史

「武蔵村山市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

武蔵村山市あれこれ

武蔵村山市の歴史

武蔵村山市の歴史の写真

 原始・古代

武蔵村山市の歴史は、狭山丘陵を発祥の地として、数万年前の旧石器時代にさかのぼります。狭山丘陵は水が豊かで、当時の人々は飲み水には困らず、自然に恵まれた環境の中で生活していたと考えられています。狭山丘陵の南斜面からは、縄文時代から奈良時代にかけての土器や石器が数多く発見されており、当時の生活をうかがえます。

 平安時代

平安時代の終わりには、村山七党といわれる武士団のひとつの「村山党」が定住し、この頃「村山」という地名が現れるようになりました。

 江戸時代

江戸時代の武蔵村山市は、中藤村・横田村・三ツ木村・岸村の4ヶ村が幕府や旗本に支配されていました。人々は農業を営み、粟・ひえ・麦を中心とした農作物を生産していましたが、水田が少なかったため、幕府に納める年貢の米がなく、お金で納めていました。そのため、養蚕・織物・炭を江戸に運んで売るなど、農業以外の副業をする必要がありました。この養蚕は、江戸時代の中頃から次第に盛んになっていきました。その後、農業の開発が盛んになってくると、古くから住み慣れた土地を離れて、新しい土地を開墾し、村をつくっていきました。

 明治時代・大正時代

明治政府のもとでは、村山は韮山県に属し、神奈川県に編入された後、明治26年(1893年)に東京府に編入されました。大正時代には、村々を合併しようという動きが大きくなり、大正6年(1917年)に3ヶ村が合併し、東京府北多摩郡村山村となりました。また、村山貯水池(多摩湖)の工事が始まり、武蔵村山市と立川を結ぶバスも開通しました。そしてこのころ、伝統工芸である村山大島紬の生産が一段と盛んになり、家々からは機織りの音が絶え間なく聞こえていました。

 昭和時代・平成時代

昭和29年(1954年)の 町制施行により、東京都北多摩郡村山町となりました。さらに、昭和45年(1970年)には市制が施行され、武蔵村山市となりました。その後、日産自動車村山工場をはじめとする工場や、三ツ藤住宅・都営村山団地などの造成によって、人口が一挙に増加し、「農業と織物のまち」から「ベッドタウン」に変化していきました。武蔵村山市は、「緑輝く快適ステージ ふれあい文化都市むさしむらやま」をスローガンに掲げ、心から住んで良かったと思えるまちづくりを目指しています。

(武蔵村山市資料提供)